Play framework導入はv2.3からtypesafe activatorで

こんにちは。今play frameworkを一度使って何かwebサービス作ってみたいということで頑張ってます。

まず初めに行わなければならないことはplay frameworkをサーバーにインストール。これも実際調べてみるととても簡単でした。

http://blog.tanitanin.net/?p=847を参考に行いました。リンク切れが心配なので書いておこう。


$ wget http://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.2.12/typesafe-activator-1.2.12-minimal.zip
$ unzip typesafe-activator-1.2.12-minimal.zip
$ mv activator-1.2.12-minimal /usr/local/lib
$ ln -s /usr/local/lib/activator-1.2.12-minimal/activator /usr/bin/activator

問題なしでした。

 

では続いてplayのプロジェクトを作ります。

プロジェクトフォルダーを作りたいところで

$ activator new test_project play-scala

プロジェクトが作成されたら、そのプロジェクトフォルダ内に入って

$ activator run

とするとかなり時間がかかりますが、アプリケーション起動できました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中